2018/09/17 18:39

DIYPARTYでは、

「昇華転写プリント」と「ラテックスプリント」という、2つのプリント加工方法で布・生地に印刷加工をしています。
それぞれの特徴と違いについて説明します。

【ラテックスプリントについて】

ラテックスプリントは、布・粘着ビニール・ターポリン・タイベック・紙系素材など多彩に加工できるラテックスインクで生地に直接プリントを行います。

印刷されたメディアは完全に乾燥して排出されるため、すぐに加工、出荷出来ることがラテックスプリント最大の特徴です。

メリットは様々な素材に加工できる事と、高い耐水性と耐候性を持ち、溶剤インクと比べ速乾性があり、インクは高い屋外広告用インクの分野で唯一エコマーク認定を受けたVOC(揮発性有機化合物)が極めて少なく環境性能に優れた無臭の水性インクです。

デメリットはプリントした生地に強い摩擦を掛けると、少し色移りをする可能性がある点と

洗濯堅牢度を上げようとすると後処理剤によりメディアによっては固さが出る事です。

【昇華転写プリント】

熱圧着とは違い、インクが生地に浸透するために剥がれや色落ちは一切ありません。

オーガンジーやメッシュ生地などにもプリント可能です。

メリットは、インクジェットプリントよりも短納期で、顔料インクより耐擦過性があるので安心して他のものと一緒に洗濯が出来ます。

デメリットは素材がポリエステルに限られる事と、高温のアイロンを掛けられない事です。